情報誌に掲載されました。

その他全般
06 /13 2015
今日はせっかくの釣り予約・・・キャンセル
です。
結構、南西風が強いです。

青森県中小企業団体中央会が発行している
情報誌に企業組合広福丸の取り組みが
紹介されました。
sonota28.jpg
読んでいて涙が出そうです。
思えば8年前、元金200万を借りて始めたおやつショップ。
試行錯誤でいつか良くなるだろうとの一心から
続けてきました。
自分の持ち金一切なく始めたってのも、無謀といえば
無謀。よく貸してくれだもんだ(^_^;)。

sonota27.jpg
おやつ屋さんから直売所、法人化と
当初の目標は気づけばクリアしてました。
しかしながら、「いつか良くなるだろう」は
いまだ足踏み状態の方がはるかに多い。
でも例え1mでも進んでる手応えは実感。

漁師の私たち夫婦だけで始めた未知の事業、
まだまだ山あり谷ありですが、たくさんの方と知り合い
それを応援してくれる方や仲間の存在は、
この未知の世界に足を踏み出さなければ
けっして無かったもの。

「いつか良くなるだろう」から逆に貧乏になっている気が
して、何のためにやってるのかわからなくなる時も
いまだにある。
でも、お客さんや行政の方々、そして応援してくれる
方々の評価を頂いて、なんとか続けていくことができる。

そしてなんといっても、まずは通年ふつうに暮らしていける
経済力をつけること。
この何でもない当たり前のことが、達成できたという
青写真が今はイメージできる。
このイメージさえ当初はただの空想だったが、今は
現実として見れる。

若い人たちもチャレンジを恐れず、
一歩踏み出してみてはと思うのだ。
それがこの地元の活性化に繋がる
はずなのだから・・・。



いやぁ~自分ながらに惚れ惚れするような
文章だな。
本書かせてくれねべが?(笑)



============================
広福丸 新ホームページアドレス
http://kaisen-oyaki.jp/

------------------------------------------------------
新 広福丸ホームページ


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

潮騒マン

漁師歴35年の53歳。
49歳で一念発起で法人「企業組合広福丸」設立。
42歳から始めた漁師のおやつ屋さん、会社設立時に始めた6次産業化事業。
この年なって悪戦苦闘してらじゃ!